移動販売車の思い出

移動販売と言えば、昔は焼き芋、豆腐、ラーメンなどをよく目にしました。

 

 

 

移動販売の強みは、場所に縛られないので、その日の条件に合わせて営業場所を変えられる点でしょう。

 

人が来るのを待つのではなく、人が集まる場所に出向いていけるのは、移動販売の特権です。

 

そして、店舗の家賃がかかりませんし、移動販売は基本1人で何でもこなすので、人件費を抑えられます。

 

逆に弱みは、天候の影響をもろに受けてしまう点でしょう。

 

 

 

私が子供の頃、夏になると近所にアイスクリームの移動販売車が来ていました。

 

住宅地を巡回するというよりは、広い道路に停車して音楽を流し、子供たちを集める感じでした。

 

友達と一緒に何度か利用したことを覚えています。

 

駄菓子屋でもアイスは売っていましたが、何故か特別美味しく感じました。

 

あの雰囲気が最後の隠し味になっているのかもしれませんね。

 

 

 

ラーメンや豆腐はラッパの音色、焼き芋はあのフレーズを聞けば、販売車が近くまで来ている事が分かりました。

 

そんな情緒のある移動販売車ですが、近年はスーパーやコンビニで何でも年中売られているので、見かけることが少なくなりました。

 

東京のオフィス街では、昼食時になると様々な移動販売が集まる所があるようですよ


ホーム RSS購読 サイトマップ